緑内障の原因はさまざまありますが、ストレスも緑内障の原因として考えられます。

緑内障は、眼圧が高く視野欠損が出るという典型的なパターンが多いのですが、最近増えているのが、「正常眼圧緑内障」です。

これは眼圧自体は正常なのに、ストレスによって視神経への血液の循環が悪くなり、必要な栄養がきちんと届かないことによって細胞に障害をきたすことで起こります。

この症状は、毎年の健康診断や人間ドックで眼圧検査を受けていて異常なしとされている人でも発症する可能性があり、発見には眼科医による眼底写真評価が必要です。

緑内障とは

緑内障とは視神経に異常が起こり、目で見た情報がうまく脳に伝わらなくなって画像を認識できなくなり、視野や視力に障害が起こる病気です。

日本人の失明原因の1位になっている恐ろしい病気です。

実際に40歳以上では20人に1人の割合で緑内障にかかると言われています。

また、この病気には慢性緑内障と、急性緑内障がありますが、慢性緑内障はある程度症状が進行しないと自覚症状が出ません。

症状としては初期の段階でも視野欠損が生じるのでが、ちょっとした視野欠損が出たとしてももう片方の目で補ってしまうので発見が遅れるのです。

そのため、片方の目でカバーできる範囲を超えない限り自覚症状があらわれません。

緑内障の原因‐ストレス

緑内障のうち、眼圧は正常なのに何らかの理由で視神経への血液の循環が悪くなって視神経に異常が出る症状を正常眼圧緑内障といいます。この原因はストレスではないかと考えられています。

ストレスを受けると眼の血管が収縮し、視神経に十分な栄養が届かずに細胞障害が発生するようになります。

この場合、眼圧も正常なので通常の検査をしても気付かないことが多いのです。

目のストレスの原因は使いすぎによるものですが、現代社会では目を酷使する人は多いので、適度な休息を意識的に取るようにしたほうがいいですね。

緑内障の原因‐コンタクト

コンタクトレンズを使いすぎることで緑内障のリスクが高くなる可能性があります。

コンタクトレンズは着脱の際に角膜を傷つけてしまうリスクがありますが、緑内障にとって一番問題となるのは長時間のコンタクト装着で角膜に栄養素や酸素が供給できなくなってしまうことです。

そのため、コンタクトレンズをしている人はしていない人に比べて、緑内障にかかる確率が高いようです。

正しく使用していればそれほど問題はないと言われていますので、気にする必要はないでしょう。

緑内障の原因‐糖尿病

糖尿病の合併症に糖尿病網膜症があります。

糖尿病網膜症が悪化することで、毛細血管が破損して、新しい血管が目の虹彩や隅角に生じるようになるので、房水の流れを止めてしまい、目のトラブルが発生します。

その結果、緑内障を引き起こすリスクが高まるのです。

これを「新生血管緑内障」といいます。

糖尿病患者は目の異常が発生していないかを定期的に検査したほうがよいでしょう。

緑内障の原因‐遺伝

緑内障は40代以上から年齢とともに発症率が高まる病気ですが、血縁者に緑内障の患者が一人でもいる場合は発症する確率が上がるというデータがあります。

血縁者の中に緑内障患者がいる場合は、定期的に眼科で目のチェックをするべきです。

緑内障の原因‐PC

緑内障の原因のひとつにストレスを上げましたが、PCの使い過ぎは目にストレスを与えます。

しかし現代の仕事ではパソコンを1日中使うという人も多いはず。適度に目を休息させることが大切です。

緑内障の原因‐薬の副作用

服用している薬の副作用で緑内障になる確率が上昇することがあります。

例えば副腎皮質ステロイド薬は長期間使用している患者では眼圧が上昇しやすくなると言われています。

この副腎皮質ステロイド薬は強力な抗炎症作用・免疫抑制作用・抗アレルギー作用があるので、腎臓病・膠原病・アレルギー疾患などに対して使われることが多いようです。

緑内障の原因‐加齢

加齢によって、神経が脆弱になるため、眼圧に負けやすくなってしまい緑内障が発生する確率も上昇するようです。

70歳代では約13%が緑内障と言われており、自覚症状がなくても、定期的に眼科検診を受けるのがベターです。

緑内障の予防法

ここまで緑内障の原因について見てきましたが、実は、緑内障とは原因がよくわからない疾患です。

そのため、予防するのが非常に難しい病気です。

また、緑内障の症状の進行を食い止める方法はあっても、欠けた視野を回復する方法は、現代の医学にはありません。

緑内障が治す病気ではなく付き合う病気と言われる理由です。

完全に予防することはできませんが、対処法がないわけではなく、大きく分けて3つの対処法があります。

1.西洋医学的な対処法

西洋医学的な治療法(症状の進行を食い止める方法)には、点眼薬や内服薬による治療と、レーザーや手術による外科的な治療があります。

2.東洋医学的な対処法

東洋医学的な方法の場合は、漢方による治療などで症状の進行を阻止することが発症の予防にも有効です。

また、漢方による治療は、長く続けることによる副作用の心配がほとんどないことも、一生付き合う病気である緑内障への対処法としてはメリットがあります。

3.生活習慣を改善する

緑内障の原因の1つと考えられる血行不良は、喫煙や自律神経失調、メタボリックシンドロームなどでも引き起こされます。

血行不良が原因の緑内障の場合、生活習慣を改善すれば、症状の悪化を防ぎ、予防にもつながります。

目の健康によいといわれるアントシアニン、ルテインなどの栄養素を継続して摂取することも有効です。